医療法人社団 全至善會


治療内容

治療法について

歯周病は自分自身で治す病気!!

 まず歯周病治療で大切なのは「歯周病は自分自身で治す病気だと思うことです。」なぜなら歯周病治療で最も重要なのは、患者さんによるプラークコントロール(歯磨き)だからです。当院では治療は大きく2つのパートに分かれます。第一に歯ぐきより上側の部分(歯肉縁上=しにくえんじょう)のプラークコントロールです。この部分を無視して歯周ポケットの中だけを処置しても、数ヵ月で再発してしまいます。なぜなら、歯周病の原因であるプラーク(細菌の塊)はこの部分から広がって歯周ポケットの中に入っていくからです。

初診時
初診時
プラークコントロールのみ
プラークコントロールのみ

 上記左図は初診時の状態です。歯と歯の間の歯ぐきが炎症により赤く腫れ上がっています。右図は歯周病専門担当医による歯磨き指導と患者さんによるプラークコントロールのみ行った状態です。歯磨きをしっかり習慣付け、適切に細菌を除去することで、歯ブラシだけでも歯ぐきの炎症はかなり治まります。歯肉縁上に付いている歯石は歯磨きの妨げになるのでこの時期に除去します。歯肉炎は歯石除去とプラークコントロールだけで治るものもあります。  第二に歯周ポケットの中(歯肉縁下=しにくえんか)にあるプラークや歯石を除去します。もちろんプラークコントロールが良くなければ、プラークや歯石を完全に除去したとしても、再発や悪化する結果になってしまいます。

初診時
初診時
専門担当医による歯石除去後
専門担当医による歯石除去後

  上記左図は初診時の状態です。歯と歯の間の歯ぐきが炎症により赤く腫れ上がっています。右図は患者さんによるプラークコントロールと歯周病専門担当医により歯周ポケットの細菌を完全に除去後、3ヶ月の状態です。炎症も治まり、歯ぐきが引き締まっているのがよく分かります。

歯周病が治った状態とは :
1歯周ポケットが浅くなる。(概ね4mm以下)
2腫れが治まっている。
3出血、膿が出なくなる。

  軽度から中等度の歯周病はここまでの治療でほぼ良くなり、歯周病の進行は止まります。また歯肉炎でも歯ぐきが盛り上がっているもの、中等度の歯周炎でも治りの悪いもの、重度の歯周炎では歯ぐきの手術が必要になることもあります。どうしても歯周病を治療すると、歯ぐきが下がってしまいます。この時点で歯ぐきの隙間が気になる方は、被せ物もので見た目の美しさをできるだけ回復させることもできます。
HOME | 治療内容 | 専門担当医 | 医院紹介 | お問い合わせ