医療法人社団 全至善會


治療内容

歯周病に関するQ&A

【歯周病の症状】

Q.どうして歯ブラシをするときに出血するのですか?
A.プラークが貯まり歯茎に炎症が起きると、軽く歯ブラシをあてただけでも歯茎から出血しやすくなります。ただ、炎症の進行やその日の全身の健康状態などにより必ず出血するとは限りません。
戻る

Q.どうして朝起きたときに歯茎に違和感があるのですか?
A.就寝時には唾液が流れにくく、お口の中は乾燥状態なります。その結果、細菌の活動性が高くなるためです。そのため就寝前の歯磨きは特に気を付けましょう。
戻る

Q.歯茎が腫れるのですが、2〜3日すると治るのですがどうしてですか?
A.歯茎が腫れたのは歯周病菌による炎症のためです。その症状の多くは慢性で、ほとんど自覚症状がないまま進行します。しかし、風邪などの全身的な免疫力が弱まった時に腫れ、痛みや違和感といった自覚症状として現われます。現在、症状が治まっていても歯周病が治ったわけではありません。早期に歯科医院を受診しましょう。
戻る

Q.歯茎の色が黒くて気になります。このままでも大丈夫でしょうか?
A.歯茎には皮膚と同じでメラニン色素が沈着しています。個人差はありますが黒いから不健康ということはありません。この他に喫煙などにより後天的になる場合もあります。
戻る

Q.歯周ポケットとは歯茎がどんな状態のことでしょうか?
A.健康な歯茎は歯と歯茎の間には約1〜2mmの溝があります。歯周病菌により歯周組織に炎症が起こり、歯肉が腫れることによって溝が深くなります。これを仮性ポケットと言い、歯肉炎という状態をあらわします。さらに進行すると歯と歯茎が付着している部分が剥がれて、根の先端の方へ移動して深くなります。これを歯周ポケットといいます。
戻る

Q.自分自身で口臭が気になるのですが?
A.口臭にはお口の中の衛生状態の悪化からくるもの、内臓疾患によるもの以外に精神的なものがあります。実際には臭わないのに本人が臭うと思い込んでしまう場合です。
戻る

Q.口臭があると指摘されたので、気をつけてブラッシングをしていますがあまり変わりません。どうしたらいいのでしょうか?
A.自分では良く磨けていると思っていても、ほとんどの人は磨き残しがあるのが現状です。口臭は歯周病が進行した場合、歯周ポケットの中にいる歯周病菌が原因であることがよくあります。深い歯周ポケットは、ブラッシングだけでは治りません。早めに歯科を受診して深い歯周ポケットの清掃をしてもらいましょう。
戻る

Q.歯茎がやせて根が見えてきたのですが、どうしてですか?
A.歯茎や歯を支えている骨は、年齢とともに少しずつ下がってくるのが自然です。しかし誤った歯磨き習慣や歯周病により病的に下がる場合もあるので、歯科医院で検査してもらいましょう。
戻る

Q.歯の周囲に膿の様なものが出るようになりました。またどうしたらよいでしょうか?
A.膿のように見えていても、プラークであることがあります。重症の歯周病になると、歯周ポケットが深くなり、歯の神経が死んでいて根っこの治療も必要になっている可能性があります。このような症状であれば家庭療法でなおすことは無理なので、早めに歯科医院で治療を受けましょう。
戻る
HOME | 治療内容 | 専門担当医 | 医院紹介 | お問い合わせ